魔法、属性

元素、属性について

 

 基本は火、水、風、土。生物は基本的にこの4大元素からできています。まぁ、万物の根源はマナでこの4大元素もそれからできているのですが。
 さらに、光、闇と4台属性の下位元素、木、天、などがあります。精霊はこの元素が凝り固まったもので自我を持ちます。元素の力が強いところでは実体化することもしばしば。いろんな精霊がいます。木属性で、花の精霊とか。
 精霊使いは精霊に頼む、もしくは支配して魔法を使います。
 生物は先天属性というものを持っています。これは4大元素のどの働きが一番強いか、ということです。種族によってなりやすい属性があります。(トカゲは火属性、鳥は風属性、猿は土属性というように)。しかし絶対ということはありません(猿はほとんどが土属性ですが、水属性、火属性になることもあります。まれに、4大属性以外の元素が働く場合もあります。そのときはその元素の属性になります。(どれだけ少なくとも。4大元素よりも強く現れるということはめったにありません。)人間にこの先天属性がどのような影響を及ぼすかといいますと、火属性のものは風邪をひきにくくなったりします。また、魔法使いは特に顕著で、先天属性の系統の魔法は扱いやすいようです。

 

種族と属性

土属性 ドワーフ、ゴブリン、ホビット系の小人族。
火属性 リザードマン、ワイバーン、ビースト系
水属性 マーマン、マーメイド、エルフ、フィッシャービースト系
風属性 フェザーフォルク、ハーピィ、鳥系

土地とそれに対応する属性
火→火山、砂漠、温泉。
土→山、洞窟。
水→池、海、川、湖、温泉。
風→尾根、砂漠。

また、魔力の強い土地柄もあります。魔力のこもった泉や山などです。そのような土地では珍しい生物が生息していたりします。

方位と属性

北…水属性
南…火属性
東…風属性
西…土属性

 

魔法の使い方

 魔法とは万物の根源である「マナ」というものに働きかけることにより起こされる現象です。マナは万物の根源であり、エネルギーなので物質作成、能力の強化、気象変化、召還、その他もろもろ出来ます。
 使い方には大きく分けて2種類ありマナに直接働きかける方法と、精霊を経由して使う方法です。後者は精霊力が働くときにしか使えず、少し限定されます。精霊力が働かない魔法は使えないのです。(瞬間移動、魔法作成物など)
 生物が魔法を使うときには体力、気力を消費することによってマナに働きかけます。体力を使用した場合には肉体的な疲労が、気力を消費した場合には精神的な疲労(判断力、集中力、思考力の低下や頭痛)が訪れます。
 魔法は自然界のマナの流れを変化させるため、大規模な魔法はバランスを崩すことがあります。過去の魔法王国の滅亡はそれが原因だったと考える説もありますが、見つかった遺跡ではそれに配慮した部分も見られたようです。

戻る

トップへ